ほそき整骨院は「終わりのみえる」治療プログラムで早期改善を目指します!

交通事故・労災・健康保険取扱 夜8時まで受付

北海道札幌市北区新琴似8条10丁目1-1 ノースフィールド1F 無料駐車場13台
来院方法
ほそき整骨院 スタッフブログ

こんな時は・・・ほそき整骨院にお任せください!!

2022年10月19日

皆さん、こんにちは!日に日に寒さが厳しくなってきましたので、体調管理には十分お気を付けください。

さて、今回はスポーツ外傷に多い‘‘足の捻挫‘‘についてお話していきます!!スポーツでの怪我だけでなく、雪道での転倒や階段を踏み外してしまったり…皆さん一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

足の捻挫…当たり前のように口にしていますが、つまりどういう状態なのか。捻挫とは、関節に不自然かつ強い外力が加わったことで靭帯(じんたい)が損傷した状態を指します!靭帯とは関節と関節をつなぐバンドのようなもので、関節の動きを制限するのに重要な役割を担っています。このバンドに傷がついてしまったら、それが軽度だったとしてもしっかり初期処置が必要となり、それを怠ってしまうと、数か月たっても痛みが引かなかったり、スポーツ中の不安定性が残り、パフォーマンスの低下と再発を繰り返してしまいます。捻挫をした後、特に大切になることは、なるべく腫れを最小限にすること。そして腫れを早く取り除くことです!腫れは時間がたつとむくみに変化し、血液やリンパの流れを阻害し、身体の治そうという力が発揮できなくなってしまうのです。なので、捻挫をしてしまったらまずはしっかり氷で冷やすこと、そしてなるべく早く当院を受診してください!ただ、患者さんの中には、捻挫をしたらまず整形外科受診を考える人も多いと思います。これは整形批判ではありませんが、受診してもレントゲンでの診断と固定、湿布のみで治療をしない場合が多いのが現状です。当院は、11年の整形外科勤務の経験がある院長だからこそ、整形外科に負けない治療院を作っています。 治療はもちろんのこと、最新のエコー(小さなMRIのようなもの)を完備していて、捻挫の状態と骨折の有無を確認し、骨折があった場合には整形外科に紹介もしています。その他、最新治療器のご紹介はこちら!

やってしまった…そんなときにはぜひ当院にご相談ください。スポーツ外傷…いろいろありますが‘‘たかが捻挫、されど捻挫‘‘です! どんな捻挫でも、甘く見ずにすぐ我々に見せてください!患者さんの状態に合わせてしっかりと治療をさせていただきますので、なるべく早い競技復帰に向けて一緒に頑張りましょう!

記事の一覧を見る ≫

ほそき整骨院への お問合せはこちら

ほそき整骨院

交通事故・労災・健康保険取扱
 夜 8時00分まで受付

北海道札幌市北区新琴似8条10丁目1-1 ノースフィールド1F 無料駐車場13台

アクセス方法・地図を見る

受付時間表
【受付】月火木金 9:00~11:30/14:00~20:00 水曜 14:00~20:00 土曜 9:00~13:30 日曜祝日 休診
※交通事故治療の方は 20:30まで受付(要予約)

ページの
最上部へ